東京 株式会社設立 税理士

HOME > 医療法人の設立とは

医療法人の設立とは

医療法人とは医療法の規定に基づいて設立された法人です。
医療法人の設立には、都道府県知事の認可を受ける必要がありますので、誰でも設立できるものではありません。
また、医療法人は会社法上の会社と公益法人の中間的な存在として位置付けられていますので、会社法上の会社と違い公益法人に似た様々な規制が規定されています。
規制の例としては、「剰余金の配当の禁止」や「都道府県知事への決算等の届出義務」などがあります。
医療法人には、公益法人と同じような規制があるにも関わらず、公益法人のような税制上の様々な優遇があるわけではありませんのでご注意下さい。
また、医療法上は一般の医療法人と、一人医師医療法人(実質1人の医師によって運営されている医療法人)は同じものとされています。
ですが、一人医師医療法人は、医師又は歯科医師が常時1人又は2人勤務する診療所を開設する医療法人であるのに対し、一般の医療法人は医師又は歯科医師が常時3人以上勤務する病院を開設する医療法人となっています。

 

医療法人設立のメリット

必要医療法人設立のメリットは大別して以下の通りです。
・社会的信用が高まります
・経営体質が強化できます
・節税効果が期待できます
などです。

1)社会的信用が高まります

・法人会計を採用することで、適正な財務管理ができます。
・金融機関等への対外的信用が向上し、融資等が有利になります。

2)経営体質が強化できます

・社会保険診療報酬の源泉徴収がなくなるため、資金を有効に利用できます。
・事業承継、相続対策等を計画的にすすめやすくなります。
・分院や介護保険事業等への事業展開が可能になります。

3)節税効果が期待できます

・所得税の「超過累進税率」から法人税の「2段階比例税率」を適用することにより、税負担を軽減することが可能です。
・院長先生のほかに院長夫人等の家族を役員にすることで、その職務に応じた
役員報酬の支払いが可能となり、効果的な所得の分散がはかれます。
・役員の退職時に役員退職金を受け取ることが可能になります。
・一定の契約条件を満たした生命保険契約や損害保険契約等の保険料を経費(損金)にすることができます。

 

 

会社設立の相談は、起業・会社設立支援センターへ!

banner20001.png当センターのサポートメニュー 事務所概要 アクセスマップ トップページへ