東京 株式会社設立 税理士

HOME > 会社設立のポイント17 > 消費税納税義務の免除期間

消費税納税義務の免除期間

基準期間の課税売上高が1,000万円以下の事業主は消費税の納税義務が免除されます
法人の場合の基準期間は、原則として前々事業年度(2期前)とされています。
新しく会社を設立した場合は、この基準期間となる前々事業年度がないため、結果的に第1期・第2期の消費税納税義務が免除されるのです

 

資本金の額が1,000万円以上の場合、納税は免除されません

ただし、資本金が1,000万円以上の法人については免除しないという特例が設けられています。
つまり、『資本金1,000万円未満の会社』でなければ『2期分』消費税納税は免除されません。
したがって、資本金を1,000万円未満にして、第1期の事業年度をなるべく長めに設定することで、会社設立時の消費税納税義務免除の効果を最大限に利用できることになります。
『資本金』や『事業年度』を決める際には、このようなポイントも押さえておかないと、気づくと損をしてしまうということもあるのです。

 

会社設立の相談は、起業・会社設立支援センターへ!

banner20001.png当センターのサポートメニュー 事務所概要 アクセスマップ トップページへ